まつげエクステなんてもう要らない。もう自分のまつげが自慢です!

女性にとってアイメイクは念入りに時間をかけるところ。少しでも大きく見せたいのは女ごころ。まつげが長くクルンと上に向けばそれだけで目が大きく見えちゃうものなのです。あなたのまつげ育ててみませんか?

*

まつげが抜けるのはメイクのせい?負担をかけないメイク法

   

最近まつげがよく抜ける、目の周りが腫れてしまうなどのトラブルが起きている人は、日々のメイクに原因があるかもしれません。

メイクは思ったより負担が多い

目の周りの皮膚というのは、非常に薄くデリケートな部分です。ですので、原料に化学物質などが使用されている化粧品が、目の周りのメイクの時に誤って目の中などデリケートな部分に入ってしまうと、皮膚の炎症やまつげが抜けてしまう原因になるのです。

最悪の場合、眼球や角膜まで傷つけてしまい、深刻な目の病気や視力の低下、失明などを引き起こすおそれがあります。こういったトラブルは、特につけまつげやまつげのエクステンションを使用したときにおこりやすいです。

つけまつげやエクステンションは注意が必要

つけまつげやエクステンションは、まつげに定着させるための接着剤によって、皮膚がかぶれてしまったり、目の中などデリケートな部分に付着してしまい、目の病気を引き起こしてしまうことがあります。

また、最初は問題が無くても、長時間つけっぱなしにしていたり、長い期間使い続けることによって、目への負担が大きくなり、目の病気に繋がってしまう場合もあります。こういったトラブルを防ぐためには、まず、なるべく目のまわりを軽いメイクにするよう心掛けることが大切です。

つけまつげやエクステンション、パーマなどは、負担が大きいため、なるべくしない方がいいでしょう。どうしても使いたいという人は、長時間の使用をさけて、ここぞというようなときにだけ使用するようにし、必要のない時は素早く落とすようにしましょう。

取り付ける際も、自分でやってしまうよりは、美容院やサロンなどの専門の技術者に施術してもらうようにすると、きれいな仕上がりになるだけでなく、正しい取り付け方をしてくれるため、より安全につけまつげやエクステンションを楽しむことができます。

マスカラは自分で調整できる

また、つけまつげやエクステンションを使わずに、マスカラを最大限に使用することで、負担が少なくおしゃれを楽しむことができます。

マスカラには、ボリュームを出せるようなタイプや、長さを出せるようなタイプなど、様々なタイプのものがあります。それらを、その日のメイクや服装に合わせて、使い分けることによって、バリエーションを出すこともできます。

しかし、マスカラのつけすぎも、まつ毛の負担や、目のまわりのトラブルに繋がってしまうので、普段のメイクの時には、やはり薄めにつけることを意識した方がいいです。また、エクステなどと同様、つけるのはなるべく短時間にしておきましょう。