細菌の感染で炎症する「子宮頸管炎」をジスロマックで治す!

不妊の原因にもなってしまう場合もある「子宮頸管炎」。クラミジアやカンジタなどから炎症してしまうことも多いのですが、やはりうつってしまうのはセックスからくる性感染症です。殺菌作用のある「ジスロマック」が有効的なのでしっかり治しておきましょう。

*

子宮頸管炎の原因と症状

   

子宮頸管は膣につながる子宮の下の部分で、出産時には赤ちゃんが産道を通れるように開きます。
子宮頸管炎を引き起こす原因は、淋病や梅毒、大腸菌、クラミジア、カンジダなど様々でほとんどの場合セックスによってうつる病気です。

おりものの変化に要注意

白色や黄色、黄緑色の膿のように粘り毛のあるおりものがあり、炎症が進行すると下腹部痛や腰痛が起こります。また、セックスの時に痛みや発熱を伴うこともあり、慢性化すると黄白色のおりものになり、腰痛が起こることがあります。

初期の頃は痛みやかゆみがみられることがあまりなく、病気が長期間続いて慢性化すると炎症が広がって、腰や下腹部が痛むようになります。子宮頸管炎は、子宮の入り口である子宮頸管の粘膜に感染が起こり、膣の方から起炎菌が広がり上行感染を起こします。そのまま放置していると尿道炎や子宮内膜炎、子宮付属器炎、腹膜炎などを引き起こすことがあります。

  • 尿道炎

尿道炎は尿道に炎症が起きた状態で、尿道の痛みや排尿時の痛みなどの症状が現れます。

  • 子宮内膜円

子宮内膜炎は下腹部の痛みや不快感、生理意外の性器出血がみられます。

  • 子宮付属器炎

子宮付属器炎や腹膜炎は、下腹部の痛みや発熱がみられます。

様々な原因がある中、特に増えているのはクラミジアによる感染で、若い世代を中心に感染が増加しています。

クラミジアは症状が出にくい

下腹部痛や腰痛、おりものの変化などがありますが、クラミジアの場合は症状がないことも多く、自分では気づかないことも多い病気で、慢性化させると骨盤内に炎症が起こったり卵管などの子宮周辺臓器に癒着が起こることがあります。

また、妊娠中に発症すると、早産になる可能性が高まったり、赤ちゃんに産道感染して結膜炎になるなど、大きな影響を及ぼすこともあります。クラミジアや淋病などに感染した場合には、パートナーも一生に治すことが大事です。

慢性化すると手術になる可能性もある

妊婦が感染した場合は細菌が子宮の中へ上行感染を起こして絨毛膜羊膜炎を起こすことがあり、これが原因となって子宮に収縮が起こり早産になる場合もあります。

診断は、患者の尿や子宮頸管の粘膜からおりものを一部採取して、原因となる細菌が含まれているかを顕微鏡で調べていきます。検査の信頼性を高める為には人工的に細菌を増やして検査を行い、血液検査で感染の有無を調べることもあります。

慢性化すると、なかなか治りにくい為、患部を電気やレーザーで焼いたり、冷結凝固させる手術を行うこともあります。